地道にがんばる30代一人身の忘却録
*
ホーム > エリア > 義実家への援助の問題

義実家への援助の問題

海外(韓国)に嫁いだこともあり、文化の違いについては頭では理解していても、気持ちがついていかれない、ということが時々あります。こちらでは日本に比べると「親の面倒は子供が見る」ということが徹底していて、金額はまちまちですが、結婚後も定期的に実家に金銭的な仕送りをすることが一般的です。国際結婚カップルの場合は、一方の実家が海外にあるため、どうしても韓国人夫(または妻)の実家のみに援助、という形になり、その点に対する不公平感からケンカを繰り返す夫婦も少なくありません。毎月の仕送りに加え、旧正月、お盆、義理の両親の誕生日、両親の日(韓国では父の日と母の日が一緒になっています)にも現金をプレゼントする習慣があるため、なんだかいつもお金を渡している気がします。こちらの生活に余裕があればそれもいいと思うのですが、はっきりいってカツカツの生活を送っているのに、仕送りまでしなくてはならないので頭が痛いです。でもそのことで文句を言うと間違いなくケンカになるので、じっと我慢する日々です。 http://www.bootpumpsshoes.com/

関連記事

夕飯の買い物をしていた時に、レジで私のすぐ前に並んでいた。
白と黒のボーダーの半そでTシャツに、濃すぎず明るすぎない中間色のデニム生地のシャ...
義実家への援助の問題
海外(韓国)に嫁いだこともあり、文化の違いについては頭では理解していても、気持ち...
カーテンを名古屋で買うときの選び方
カーテンを購入するときには、結構実際の店舗に行くことって多いですよね。やはり通販...