地道にがんばる30代一人身の忘却録
*
ホーム > NEWS > 勉強の大切さ

勉強の大切さ

FX投資のテキストでは、「損失を被った場合はナンピン買いをすることによって、ポジションのコストを下げることができる」等とアドバイスしていたりしますが現実的にはそれには危険性があると考えます。

ナンピン買いの理屈に関してとても簡単に説明しておきます。

 

仮に1ドル100円でドルを買ったとします。

 

ドル買いですので円安ドル高に推移するほど儲けが出るわけですが運悪く1ドル=95円まで円高ドル安方向に向ったとします。

 

このままの場合持ち続けたとしたら、利益がでるためには、マイナス分円安が進まなければならない。

 

みんな、損失は早急にリカバリしたいと願います。

 

そのため最初に売買したのと同じ量のドルを、エントリーします。

 

それで、ポジションの平均の買い付け価格は1ドル=97.50円まで安くする事が出来ます。

 

この結果、2円50銭の幅で円安ドル高に進めば、赤字を回復できる。

 

それが、ナンピン買いの理論です。

 

ナンピンの手法をみると「確かに」と考えるが、為替は容易には思った通りにはなりません。

 

もとより、1ドル=95円が底値だということなど、誰にもわからないのである。

 

仮定として、マーケットが相当のドル安基調であるならば、1ドル=95円では下げ止まらずによりドル安が加速する確率はあります。

 

仮定として、97円50銭でナンピン買いをしたとしても、95円まで円高が速んだらナンピン買いしたポジションにも、損が生じることになってしまうのである。

 

その状況では、初めに保有したポジションと一緒に、より大きな損を被ります。

 

この通り、ナンピン買いは難しいです。

 

それでは、相場が自らの台本とは反対の方向にさっと進んでしまった場合いかなる方法で危機を軽減すればいいのだろうか。

 

この場合選ぶべき方法は2つしかありません。

 

最初のひとつは潔くあきらめて損切りをする事です。

 

もうひとつの手段としては、今、自分が持っている買いポジションを少なくして為替相場がリカバリするのを動かないで待ち望む事だけです。

 

後ろ向きな術だと考える投資家もいます。

 

しかし、買いポジションに為替差損が生じた場合一番適切な術はこの他には期待できない。

 

言うまでも無く、理屈の上ではナンピンをしてみる考え方もあると思います。

 

だがしかしナンピンは自分自身がマイナスになっている場面で、ポジションを小さくするどころか、反対にポジションを積み増していく手段です。

 

それでは、危機を管理することなど、無理だ察するべきです。

サナコウの気ままなブログ

ナンピン買いをし続けられればいつの日にか勝てるかもしれません。

 

だけど、それより前に資金がマイナスになってしまいます。

 


関連記事

返済義務
特定調停という手段も任意整理と同じように、それらの債権者への借金の返済を続けてい...
本当のマーケット
「スプレッド」とは外為は外貨をトレードして差益を稼ぐ商取引です。   ...
勉強の大切さ
FX投資のテキストでは、「損失を被った場合はナンピン買いをすることによって、ポジ...